FC2ブログ

tones official blog

カテゴリー "早苗久美子" の記事

見つめること、写真を撮ること。

先日、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されているソール・ライター展を見てきました。

ソール・ライターは、1950年代からニューヨークのファッションカメラマンとして活躍し、1980年代に突然その第一線から引退。表舞台から姿を消していたソール・ライターでしたが、2006年(ソール・ライター83歳の時)に、あのシュタイデル社(“世界一美しい本を作る男”ゲルハルト・シュタイデルが率いるドイツの出版社)から作品集が出版されて再び注目を集めるようになった、という経歴だけでも、既に伝説感がありますよね。

今回、初めてソール・ライターの作品を直接見ましたが、すっかりその作品の虜になってしまいました。1940〜50年代のニューヨークの街をカラーで撮影した作品群が特に好きでしたが、モノクロ作品も、商業写真として撮影されたファッションフォトも、全て同じ一つの線上ににあるように感じました。大胆な構図やフレーミング、前ボケや映り込みが印象的に使われていること、そして、色に対する感覚がオリジナルなこと。

私もカラーで作品を作っていますが、色そのものよりも光に反応するように撮ることも多い気がします。今回ソール・ライターの作品を見て、色彩そのものに対しての感覚をもっともっと磨いていきたいと思いました。自分なりに、もっと色を感じてみたいな、と。

ソール・ライターの写真には、どこかメランコリックな雰囲気がありつつも、その印象はとても優しかったです。品がある、というのでしょうか。そして、写真を面白がっているようなチャーミングさも感じました。写真にも、被写体となっている街の景色や人物にも、ずっと興味を持ち続けていることが伝わってきました。

見つめ続けること、撮り続けること。
興味を持っているか。
面白いと思えているか。

とても大事なことが、そこにあるような気がしています。



例えば、今朝、目が覚めて最初に目に入ってきたこんな景色の中にも、愛しさを感じているか、ということ。とか?

ks170624
スポンサーサイト

本をひらく

tb161219.jpg

何となく行き詰まったような気持ちの時、
つい手に取ってしまう写真集と本があります。

カール・ブロスフェルトの写真集と、
星野道夫さんの本『旅をする木』です。

カール・ブロスフェルトの写真は、植物というよりは、
彫刻や装飾、緻密な構造物のような姿が写し出されていて、
私の知る植物の姿とは全く違う世界が広がっています。
何度見ても、新鮮な発見と驚きがあり、
「好き」というよりは、どうしても「気になって」しまって、
何度も開いてしまう写真集です。

もう一冊が、星野道夫さんのエッセイ集『旅をする木』。
もし自分の手元に一冊の本しか残せないとしたら、
私はこの本を選びます。それ位に好きな本です。

どの文章も魅力的なのですが、特に好きな一節があります。

ーーー

突然、一頭のクジラが目の前の海面から飛び上がったのだ。
巨体は空へ飛び立つように宙へ舞い上がり、一瞬止まったかと思うと、
そのままゆっくり落下しながら海を爆発させていった。
(中略)
ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、
もう一つの時間が、確実に、ゆったりと流れている。
日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、
それは、天と地の差ほど大きい。


ーーー


はじめてこれを読んだとき、それってすごいことだなと思ったのです。
私がここでこうしている、同じその時に、この世界のどこかでは、
ザトウクジラが水しぶきを上げながらジャンプしているかもしれない。
世界が急に広がっていく感じがしました。

植物の細部に秘められた世界と、
遥かアラスカの自然。

それぞれ視点は異なりますが、どちらも、
自分の小さな世界にいっぱいいっぱいになっている自分に、
もっと大きな世界があることを教えてくれます。

世界は広い。
私は、その悩みや考えも含めて、
ただこの自分自身という大きさでしかないのだということを、
時々思い出しておきたいと思っています。

ks16081902tb.jpg

目標

s_ks160802.jpg

機嫌よく、追いつめられず、
いい感じでいたい。

と、いつも思っています。

気持ちのよい人でありたいです。
目標です。



そうそう。お知らせをひとつ。
10月末から、倉敷で展示することになりました。
「モヤチッチ」というタイトルの作品で、
20〜24点ほど展示する予定です。

「モヤチッチ」って何だ!?というのは、
こちらに少し書かせていただきました。
http://arsk.jp/photomural/koten_exhibition.html#sanae

只今、絶賛準備中です。よろしくお願いします!

◉倉敷フォトミュラルf 個展部門
会期:2016年10月29日(土) 〜 11月13日(日)
時間:9:00 〜 17:00(最終日は〜16:00)
会場:倉敷アイビースクエア内アイビー学館
入場無料
http://arsk.jp/photomural/koten.html

境界

ks1605_01_tb.jpg

ずっと、儚くて美しいものの存在に惹かれてきました。
それが永遠ではないことを知っていて、
だからこそ撮らずにはいられない衝動がありました。

撮ることで満たす。
救いたいという思いだったようにも、
救われたいという思いだったようにも思われます。

触れられそうでいて、触れられない。
こちら側と、向こう側。

今も、カメラを向けるその時は、
そこにある一本の線のギリギリのところに
立っているような気がしています。

伝える

sanae_1604b

「伝える」は意志。
そんな言葉を目にして、ハッとしました。

伝わったらいいなぁ、とか
どうして伝わらないんだろうか、とか
ついつい、自分側から一方的に思っていて。

それは本来、
何度でも自分に問わなければならないことなのだ、と。