FC2ブログ

tones official blog

境界

ks1605_01_tb.jpg

ずっと、儚くて美しいものの存在に惹かれてきました。
それが永遠ではないことを知っていて、
だからこそ撮らずにはいられない衝動がありました。

撮ることで満たす。
救いたいという思いだったようにも、
救われたいという思いだったようにも思われます。

触れられそうでいて、触れられない。
こちら側と、向こう側。

今も、カメラを向けるその時は、
そこにある一本の線のギリギリのところに
立っているような気がしています。
スポンサーサイト