FC2ブログ

tones official blog

アンコール

「これいいな」と何度も見返す写真には
偶然目にして気になって仕方なくなって写したものも多い。

「これを写して見せて伝えたいことがある」
…という感情抜きの、乱暴な言い方をしても良いなら
「直感に頼り切った自分勝手な写真」を引っ張り出して並べてみる。

そんな無計画な写真も、
何枚も集めて眺めてみると浮かび上がる何かがある。
草、光、知らない人の後ろ姿、偶然の配置、色と形。
常に意識しなくとも、いつも傍らにある私のすきなもの。

そう考えてみたら、すっかり気が抜けてしまった。
いつでもどこでも写真って撮れるもんかもしれないな、と。

昔も今も大して変わらないな、と思う。自分のこと。
また同じように撮れたらいいな、と思う。

それが私の、写真との向き合い方なのかもな、とも思う。


shirakawa2014_000639_1.jpg


戸越あたりを拠点にする作家たち展
カモナハウス 2017

2017年6月23日(金) - 7月5日(水)(木曜休)
フォトカノン戸越銀座店ギャラリー
東京都品川区戸越2-1-3
http://www.photokanon.com/

カモナハウス フェイスブックページ
https://www.facebook.com/comeonourhouse/

会期中は壁面の写真展示と、プリントとカードの販売をします。

昔も今も好きな写真を「アンコール」として一冊にまとめています。
ページ数が沢山で枕みたいになりそうで値段がつけられなさそうです。
販売するかどうかは、まだ決めかねているところ。

スポンサーサイト