FC2ブログ

tones official blog

見つめること、写真を撮ること。

先日、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されているソール・ライター展を見てきました。

ソール・ライターは、1950年代からニューヨークのファッションカメラマンとして活躍し、1980年代に突然その第一線から引退。表舞台から姿を消していたソール・ライターでしたが、2006年(ソール・ライター83歳の時)に、あのシュタイデル社(“世界一美しい本を作る男”ゲルハルト・シュタイデルが率いるドイツの出版社)から作品集が出版されて再び注目を集めるようになった、という経歴だけでも、既に伝説感がありますよね。

今回、初めてソール・ライターの作品を直接見ましたが、すっかりその作品の虜になってしまいました。1940〜50年代のニューヨークの街をカラーで撮影した作品群が特に好きでしたが、モノクロ作品も、商業写真として撮影されたファッションフォトも、全て同じ一つの線上ににあるように感じました。大胆な構図やフレーミング、前ボケや映り込みが印象的に使われていること、そして、色に対する感覚がオリジナルなこと。

私もカラーで作品を作っていますが、色そのものよりも光に反応するように撮ることも多い気がします。今回ソール・ライターの作品を見て、色彩そのものに対しての感覚をもっともっと磨いていきたいと思いました。自分なりに、もっと色を感じてみたいな、と。

ソール・ライターの写真には、どこかメランコリックな雰囲気がありつつも、その印象はとても優しかったです。品がある、というのでしょうか。そして、写真を面白がっているようなチャーミングさも感じました。写真にも、被写体となっている街の景色や人物にも、ずっと興味を持ち続けていることが伝わってきました。

見つめ続けること、撮り続けること。
興味を持っているか。
面白いと思えているか。

とても大事なことが、そこにあるような気がしています。



例えば、今朝、目が覚めて最初に目に入ってきたこんな景色の中にも、愛しさを感じているか、ということ。とか?

ks170624
スポンサーサイト