FC2ブログ

tones official blog

魔物のような時間に



朝起きてから私は、いつもある時間の中を彷徨う。
生きるために活動するのとは少し異質な時間、堰き止められてぐるぐる滞留しているような、魔物のような時間の中を。
それは、人びとが動き出す前にあり、1日の活動が本格的に始まる前にあり、現実の生活に自分を放り込むため自分をリセットする時間でもある。

その中で朝をまとった光景を見、照らす光を意識する時、私は、やはり昨日が過ぎて今日は来たのだと確信し日常の扉を開けに行く。

スポンサーサイト