FC2ブログ

tones official blog

忘れないこと、忘れてはいけないこと。

000003.jpg


大雨の朝、
いつもと同じ時間に勤務先の最寄駅に到着する
と同時にスマホが受信した緊急ニュースに、
一瞬フリーズした。


1995年3月20日。私は高校3年生で、
卒業式のリハーサルのため登校していた。
三学期は受験でほとんど休んでいたので
久しぶりの登校だった。
終業のホームルームで担任の先生から、
みんな久しぶりに会えて嬉しいだろうけど
丸ノ内線と千代田線でサリンがまかれたらしいので
まっすぐ家に帰るように、と言われた。
世田谷の外れの学校に通っていた私にとって、
自宅のある目黒と学校までの狭い範囲が
世界の全てだったわけで、
丸ノ内線も千代田線もほとんど縁はなく、
親友とご飯を食べて帰ろうと、バスに乗った。
今ほど人のいない二子玉川駅の改札で初めて、
日比谷線にも被害があったことを知った。
父と姉が通勤に使っている路線だった。


父は毎朝7時には家を出るので大丈夫だ。
しかし姉の出勤時間は知らなかった。
SNSどころか携帯電話もない時代。
公衆電話から自宅に電話しても誰も出ない。
もしかしたら母は病院に行っているのではないか。
経験したことのない恐怖が全身を襲ったのを、
今でも覚えている。
親友はすぐに私の様子を悟り、
今日は帰ろう、と言ってくれた。
家に帰っても母はおらず、伝言もなく、
姉の名前がないかテレビをずっと見ていた。
幸いなことに姉は数時間遅れで会社に着き、
無事を確認した母は呑気に出かけていただけだった。


9.11よりも前に起きたこの事件が、
世界ではテロと言われるものであると知ったのは、
数年後に英国留学した時だ。


昨日の報道に違和感を覚えた。
「これで一定の終息」でいいのか、
日本人お得意の、
臭いものに蓋をしているだけでは無いのか。
そもそも、かの宗教団体に
あれだけの人がのめり込んだという事実、
それこそが日本社会の問題では無かったのか。


私は死ぬまで、
3月20日を迎えるたびに思い出すだろう。
身内が殺されたかも知れないと、
恐怖を覚えたあの日を。


スポンサーサイト