FC2ブログ

tones official blog

カテゴリー "エッセイ" の記事

話をしよう、もう一度。

決心してどどんと定め
「これに向かって突っ走るぞ」という性格ではありません。

暮らす日々に時折現れる「考える」機会に立ち止り、
いつもなら「駄目だ」と決めつけるところを
「とりあえず」とアクションを起こす。
動いたことから生じる新たな課題を解決してみる。

写真に関しては、そんな単純な繰り返し。
撮影よりも過去の作品を見直す機会が多い一年。
気がつけば貴重な経験をさせてもらうことができました。


2017_12_yagi


今年の年賀のご挨拶に用意した写真です。
特に力強い目標も何も無かったのですが、何となくこの一枚が
当時の私にはしっくりきたようです。

話をしよう、もう一度。

写真を選んだときに浮かんだ言葉。
「こんな感じの一年になったらいいな」と感じ、その想いを
忘れないまま今も大して変わらないので来年もこのままです。

でも、言いたいことは同じでも、言葉選びは少し変わったかな。
どう変わったのかは、また来年この場でお話しようと思います。

英語力つけなきゃ。

先月末、イタリアへ行ってきました。

以前、お知らせしました展示中のフィレンツェの
ワインバーへご挨拶に行ってきました。
(これを口実に旅行に出たのですけど。。。)
もちろん、観光はしっかりしてきました。

海外で展示するにあたり、規模の大きさは関係なく
英語力がもっとあればよかったな、と痛感しました。

当然のことながら、プロフィールもステートメントも
ギャラリーオーナーにご挨拶するにも全て英語だからです。
いくら翻訳ソフトやアプリがあっても、身についていないと
難しいこともあります。
会話は、若干冷や汗・・・?
(ボキャブラリーが少ないので)通じないからこその面白さは
ありますが、その時は緊張でした。

今から勉強するのが嫌だな、と思ってしまいますが
やっておくべきなのかと。
海外で展示しなくても、ワークショップなんかで講師が外国人で
英語だったりすることもありますしね。

ちょっとずつ始めよう。




展示のお知らせです


こんにちは。服部です。

いろいろとありまして、お知らせが遅れておりました。
(お国柄とでも言いましょうか・・・。)

イタリア フィレンツェにあるワインバーSuperfoxの壁面に展示させて
頂いております。
作品は、先月10日に送って何も連絡がないなと思っていたら
知らないうちに始まっていましたので、スタートは不明です。
11月末までの期間となっております。(今のところ)

2月にKINGYOさんで展示しました「ときのかけら」の一部と新しく追加した
作品を合わせて10点の展示です。

イタリアなので、気軽にお越し下さいとは言えませんが、偶然にも旅行に
行くという方、知り合いがいる、お友達が住んでいるとか、ありましたら
ご覧下さると嬉しいです。

このような機会を与えて下さったこと、本当に感謝致します。
ありがとうございます。

Chika Hattori Photo Exhibition
”a piece of time”
2017.9-11.30 (thu) 10:00-翌2:00(お店の営業に準じる)

Superfox
Via della Vigna Vecchia 27/r Firenze Italy

展示の様子です。
201710_tenji


そんなわけで、今月はイタリアへ行きます。
これも何かのご縁。
うまくつながるといいな。イタリア語話せないけど。(英語も)
どうなることか予想もつきませんが、写真はがんばって撮ってこようか
と思います。

撮ることだけが「写真」じゃない。

「最近あまり撮ってない」と思いながら、
そのことに対して危機感を抱かない。

「メインの機材は?」に即答できず、
「現状、スマートフォンです」と答えてしまう。

フィルムを入れて撮り切るまでに一年以上かかってしまった
カメラが何台もあり、少しずつ撮って中身を空にしている。

「何を撮ったらいいのかな」と自分に問うときに
「何を撮っていたかな」と同時に問うことが多く、
結果として今年はこれまで撮影したもの、制作したものを
見直すことに費やす時間が増えている。

だからなのか、
最近あまり撮っていないし、それを気にもしていない。

三年前に制作をはじめた作品は、
「何を撮れば終わりか」の答えがわからぬままなのを
半端に感じはじめ、見直しを進めている。

セレクトをし直したものについて
写真誌を作られている方々にお話しする機会を頂いた。
整理できていないことも多いけれど、私の言葉で伝えようと思う。

見直している作品については、こちらでも観られます。
どうぞ御覧ください。

ZOOMS JAPAN 2018 ノミネート作品一覧
https://zooms.smktg.jp/public/application/add/82


2017/09/30

画像は、「また、本腰入れて草を撮ってみようかな」と思ったとき、
自宅のスキャナでフィルムを取り込んで作ったデジタルデータ。

気分転換に、いつもと違う明るさと軽い色合いにしてみた。
ちょっと妙に楽しくなった。「なんだこれ?」って感じで。

撮ることだけが「写真」じゃない、ふと思った。

かくれんぼ



東京にいると自分がどこにいてどうすればいいのかがわからなくなる時がある。
人の群れにまぎれてしまうということは、例えば不特定多数の人とずっとかくれんぼをしているようなものと言えばいいのか。

私はどこにいるのだろう。

私が鬼になったら、隠れて見つからない自分自身を見つける事ができるだろうか。