FC2ブログ

tones official blog

過去ログ

うつろう

000007_20180622230502a87.jpg


「今年の春は早くやって来たね」とか
「あっという間に桜が咲いてしまったね」とか
そんなことを話す機会が多い今年、
そろそろ一年の半分が終わります。

「これを撮るぞ」と意気込むことがさほどなく
「ここへ行きたい」と切に願うこともないので
レンズを向けるのは専ら日々の何かしら。
生活の気になる風景を気が向いたときに撮っています。

特別なものや非日常への関心が薄くても
季節が移ろえば写真に写るものにも自然と変化が現れます。
写真はそれを目に見えるかたちで教えてくれますね。

少ない枚数でも、それらを見返していくうちに
自分の視点の偏りが分かってくるのもまた
写真の楽しみ方の一つだ、と考えるようになりました。


000005.jpg


東京は、梅雨に入ったあたりから
本来の季節の落ち着きを少しずつ取り戻しているように思います。
雨が降り、太陽が時折顔を出し、また雨が降る。
その繰り返しの先に待っているのはじりじりと暑い日々。

一年の残り半分、私はどんな風景を撮るのでしょうか。
今年も日本に夏がやってきます。心してかかりますかね。

6月の展示のお知らせ

八木香保里
『Photoback Award 2018 展』
【日程】2018年6月12日(火)~15日(金)
【時間】14:00~17:00
【入場料】無料
【場所】東京・神保町 Photoback LiBRARY
    (Photoback LiBRARYは、 Photobackのオフィス内につくられた多目的スペースです )
    東京都千代田区神田神保町2-4 Daiwa神保町ビル5F

【詳細】https://www.photoback.jp/Content/Article/news/event/858
     ノミネート34作品の展示会です。八木の写真集「お父さんのカーナビ」が展示されます。

伊藤有子 早苗久美子
NADAR東京企画展 『オールドレンズ女子・オールドレンズ男子』
【日程】2018年6月13日(水)~6月24日(日)
【時間】12:00-19:00 *最終日は16:00まで、月・火曜休廊
【場所】NADAR TOKYO
107-0062 東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #12
     tel: 03-3405-0436
【詳細】https://g-nadar.net/gallery/180613_oldlens

ぜひお越しください。

5月の展示のお知らせ

是非お越しください。

八木香保里 写真展 『草のね』
[会期]2018年5月3日(木)から5月27日(日)
[時間]12時から20時(月火休廊)
[会場]うつわと、暮らしの道具 パルケ
    142-0062 東京都品川区小山6丁目21−20
    http://parque-tokyo.com/

地球へもどっていく私

「草」をテーマに初めて制作、展示をしてから五年が経ち、
今年東京で二度目の草の写真展を開催することになりました。

自分がどんなものを好きで撮っているのかよく分かっていなかったとき、
気に入っている写真を選んで、並べて、選んで、並べて…を繰り返し
最後に残ったのは植物が写っているものばかりで。
そのなかでも群を抜いて多かったのが、草の写真でした。

今でも外に出ると、目線は自然と下を向いています。
地面にウエストレベルのカメラを直接置き、ひざまずいてファインダを覗く姿に、
「草になろうとしている」とか「土になろうとしている」とか
「地球へ戻ろうとしている」とか言われます。
なんだか妙に褒められているような気持ちになってしまいます。笑

今回の個展では、五年間で撮影したもののなかから選んでいます。
これまで何度もお見せしたことのあるものも、一度も公にしてこなかったものも
共に楽しんでいただけるような構成の展示にしています。

作品を見終えた後、思わず下を向いてしまいたくなるような
そんな風に楽しんでもらえるような機会になれば嬉しいです。



000015.jpg



八木香保里 写真展 「草のね」
2018年5月3日(木) - 5月27日(日)

うつわと、暮らしの道具 パルケ
東京都品川区小山6-21-20
http://parque-tokyo.com/

魔物のような時間に



朝起きてから私は、いつもある時間の中を彷徨う。
生きるために活動するのとは少し異質な時間、堰き止められてぐるぐる滞留しているような、魔物のような時間の中を。
それは、人びとが動き出す前にあり、1日の活動が本格的に始まる前にあり、現実の生活に自分を放り込むため自分をリセットする時間でもある。

その中で朝をまとった光景を見、照らす光を意識する時、私は、やはり昨日が過ぎて今日は来たのだと確信し日常の扉を開けに行く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。